【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

RX-7(FD-3S)と過ごした日々のことをまったりと書いていくブログです。

(ご報告)本意ではないけれど…RX-7を降りる時期が近づいてきました

えー…ご報告です。

 

以前に少し触れましたが、私がRX-7を降りるという話。いよいよ約3か月後に近づいてまいりました。

 

理由は、私が「重度のアレルギー性疾患」を患っていることによりますが…その詳細については、最近記事の下の方に作成した、リンクのブログの内容をご覧ください。RX-7とは無関係な話ですので、興味を持たれる方は少ないと思いますが。。

 

まあ、このような事情によるものですので、RX-7を降りざるを得ない状況になっているのは、まったくもって本意ではないと言えます。降りるのは、せめて生産から25年が過ぎてからにしようと思っていましたので。

 

25年を過ぎれば、アメリカでクラッシックカーとしての輸入が認められるんですよね。25年ルールについての詳しい説明は省きますが、そうなればきっと向こうで大事にされるでしょうし、その分長く乗ってもらえる可能性も高まりますし。

 

もちろん日本でも大事にしてくれる人はいると思いますが、RX-7が事故ってる場面、こんなに台数が減った今でもけっこう見かけるんですよね。。特にスピリットRについては、フルノーマル状態のものが事故しているのをここ1年で2回ほど見かけていて…。新しいオーナーに渡った途端に廃車、というのでは切ないなーと思う次第です。

 

あと、正直に言うと、個人的には痛車に仕立てられるのもイヤですかね。。オートマ車だからそういった人たちの目に留まる可能性も高いし…。まあ、自分が乗っていた車がそうなるのがイヤ、というだけであり、個人の趣味を否定したり、手放した車がどうなろうと口出ししたりできる立場にないのは理解しているつもりですが。

 

ちなみに新しい車は、普通に運転している限り、事故を起こすのが難しいほど先進運転技術てんこ盛りです。

 

前回の記事で、大津自動車事故について偉そうな見解を述べてみたりしましたが、私自身重大事故を起こさないという保証はどこにもなく。これまでの運転経験に加え、「技術の力」も頼ってみることにしました。

 

購入した車については、またそのうち別のブログを立ち上げる予定ですので、その場で報告させていただきます。

 

なお、このブログですが、なるべく長く続けたいという思いもあり、週1回程度に更新頻度を減らしています。もちろん、RX-7を手放してからも続けていくつもりですが、手元になくなった車のことを書くわけですから、あと1年ぐらいになるのかなあ。。それ以上は、正直続けることができるのか不透明な状態です。

 

しかし、それもまだしばらく先のこと。このブログは立ち上げて8か月ですし、まだまだ先の方が長いです。その日まで、よろしければお付き合いくださいますよう。

 

f:id:roid7:20190609132201j:plain

近所のマンション前にて