【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

RX-7(FD-3S)と過ごした日々のことをまったりと書いていくブログです。

【2002年4月20日/走行16022キロ】ナイトスポーツ エアグルーヴ装着

今回は、エアクリーナーについての3回目、そして最後の記事となります。

 

1回目および2回目の記事については、以下のリンクからどうぞ。


ちなみに、タイトルのエアグルーヴというのはエアクリーナーそのものの名称ではなく、インテークシステム…ざっくり言えば低温の空気をエアクリーナーまで効率よく送り届けるためのパーツの名称で、ナイトスポーツから販売されています。使用されているエアクリーナー自体はK&N製。

 

なお、2回目に装着したむき出しタイプのエアクリーナー「A'PEXi POWER INTAKE」から交換した理由は以下の通りです。

 

・エアクリーナーの吸気温を下げたかった

・「ぶもー」音を消したかった * 2回目交換の記事参照

・エンジンルーム内で宙に浮いているような不安定な取付状態を解消したかった

 

交換の結果は、ほぼ期待した通りに。気に入っていたエアクリーナーからのリターン音は小さくなってしまいましたが、その点は仕方がありません。見た目も写真の通りにすっきりと(ちょっと汚れていますが)。

 

f:id:roid7:20190424214252j:plain

エアグルーブ(ナイトスポーツ)

 

結局、この時交換してから17年間、中のエアクリーナーを交換する以外、システムについてはずっとそのまま使い続けています。

 

ここでふと思い出したのが、エアクリーナーの交換を依頼するために、ナイトスポーツへ伺った時のこと。カバー内のエアクリーナーの状態を確認していなかった私に対し、「まだ汚れてないから交換しなくていいよ」の一言。

 

…。

 

商売っ気が薄く、不必要なものを交換されたりする心配がないので、私のように「乗ること専門で整備はプロにお任せ」というユーザーにとっては、安心してお任せできるチューナーさんです。

 

さて、次回ですが…実はいつ書こうかなーと思いつつ書かないでいたことを、そろそろ書いてみようと思います。記事にするほどのボリュームにならないので放っておいたのですが、書いておかないとこの先の記事を読んだ方が「あれ?」と思うことになりますので。

 

ヒントは、私のRX-7のノーマルエンジン出力が255PSであったことと、以下の写真です。

 

f:id:roid7:20190424214513j:plain

??? という方は拡大してご覧ください

 

写真をご覧にならずにお分かりになった方は、本当にRX-7が好きな方なんだと思いますが、写真をご覧になれば…まあ、ほぼわかっちゃいますよね(笑)