【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

RX-7(FD-3S)と過ごした日々のことをまったりと書いていくブログです。

《 RX-7との旅 》唐突ですが東北旅行記です ~4日目・田代島~

いよいよ東北旅行最終日、4日目です。

 

RX-7のブログなのに旅行のことばかり書くのも…と思いRX-7の話と交互になるよう分割して書いた結果、ずいぶん長い期間に渡ってのお話となりました。このシリーズ、あと数回で終了となりますので、今しばらくお付き合いのほどを。

 

で、肝心の4日目…猫島こと田代島を訪ねた話ですが、その日の朝9時に石巻港を出航する船に間に合うよう6時半起床でホテルを出発した私は、途中、港近くのコンビニで朝食を取りながらも、かなりの余裕をもって2日目以来の港の駐車場にRX-7を滑り込ませます。

 

そういえば、この旅行中はスケジュールに追われ、一度もホテルで朝食を食べてない。。ホテルの朝食は旅の楽しみの1つのはずなのにもったいない…などと思いつつ、砂利の敷かれた駐車場を歩いて乗船券売り場に向かいます。

 

まだ出航まで40分ほどの時間があったにも関わらず、乗船券売り場はかなりの人で混雑していました。聞こえてくる話によると、どうやら島で仕事をしている人や住んでいる人が、台風で足止めされていた模様。明るい雰囲気から船が出ることを察知した私は、内心ほっとしつつ自動発券機で券を買い求めます。

 

待合室の外に出て、先日構うことが出来なかった子ネコの寝姿を眺めているうちに、船が入港してきました。乗船が開始されると早々に乗り込み、眺めが良さそうな窓際の席に陣取ります。

 

ほどなくして出航。港の外の海は台風の余波で荒れていましたが、危険を感じるほどではありません。目的地の「仁斗田港」に向けて、徐々に船足を速めます。

 

ちなみに後からわかったことですが、田代島全体を散策する場合は最初に「大泊港」で下船して、帰りは「仁斗田港」まで歩いて乗船する方が便利なようです。私の場合、どちらも「仁斗田港」を利用しましたので、ネコのいない道をかなりの距離歩くことになりました。

 

「仁斗田港」には50分ほどで到着しました。早く野良ネコに会いたい…そんなはやる気持ちを抑え、まずは港周辺の様子を撮影します。

 

f:id:roid7:20181229122800j:plain

仁斗田港の歓迎ネコマーク

 

港の中は波が穏やか、海もきれいで緑に覆われた静かな島ではいかにも野良ネコたちが幸せそうに暮らしてそう…想像した通りの田代島らしい景色です。

 

そして、他の観光客の方々に遅れること数分。いよいよ私も野良ネコたちに会うべく島の中心部へと向かうのですが、、この先長くなってしまいそうですので、この辺りでいったん区切りとさせていただきます。