【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

RX-7(FD-3S)と過ごした日々のことをまったりと書いていくブログです。

(ご報告)本日2019年2月12日、共に過ごしたRX-7が生誕20周年を迎えました

こんばんは、ろいどです。

 

私のRX-7が、本日2019年2月12日をもって生誕20周年を迎えました。

 

新車登録されたのは、まだ21世紀を迎えていなかった1999年2月12日。私自身は初代オーナーが約3,000キロを走行した後に手にした二代目オーナーでしたが、全くのノーマルだったこの車に色々と手を加え、サーキットを走ったり通勤に使ったり…。やりたいことはすべてやり切った割には今日までに無事に、そして誰からも褒めていただけるコンディションを保って来られたのは色々な運に恵まれてきたからだと思っています。

 

実は、私がこのRX-7に乗っていられる時間は、もうあまり長くはありません。そのため、何らかの形で一緒に過ごした日々のことを残しておきたくて、これまでのことを思い返しつつそのことを綴っています。

 

RX-7を降りる理由については…いつかまたお話させていただこうと思います。

 

f:id:roid7:20190212213930j:plain

 

とはいえ、その日までにはまだもう少し時間があります。書きたいことも、まだまだたくさんあります。おそらくは、RX-7を手放しても続いていくでしょう。

 

よろしければ、このブログがエンディングを迎えるその日まで、お付き合いくださいますよう。

 

                         2019年2月12日 ろいど