【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

RX-7(FD-3S)と過ごした日々のことをまったりと書いていくブログです。

東京オートサロンに行ってきました(その2)

東京オートサロンに行ってきました、の2回目です。

さっそくRX-7の展示状況の続きから。

 

f:id:roid7:20190114180217j:plain

FD-3S(6台目)

 

これは最初、RX-7と気づかず見逃すところでした。しかし、ダブルバブルルーフに目が留まり、ドアの形状を確認してFD-3Sと認識。構造上、屋根とドアの開口部の形はまず変更できないので、 確認する時にはその辺りを見ることにしています。RE雨宮のオープンのデモカーは、ルーフを見ても当然見分けられませんでしたが。。

 

 

f:id:roid7:20190114181957j:plain

FD-3S(7台目)

 

こちらはライトやシート交換等をしている以外は、ほぼノーマルに近いエクステリア。私のRX-7もエクステリアにはあまり手を入れないようにしているので、こういうのを見るとホッとしたりします。

 

 

f:id:roid7:20190114182727j:plain

FD-3S(8台目)

 

これは…R-MAGICのエアロパーツを装着した車両!不覚なことに、今ブログを書いていて巨大なステッカーで気づきました。。ライトリッドの形状と、異なる形のライト4灯がカッコいい!発売当時は、イエローの車両に装着していたのを思い出します。

 

 

f:id:roid7:20190114183839j:plain

FD-3S(9台目)

 

FD-3S最後の展示車がこちらです。いい色だったなあ、この色。ちょっと塗り替えてみたい、と思える色です。

 

結局、幕張メッセのホール1~8から9~11を回って、見つけたFD-3Sは9台でした。見落としもあるかもしれませんが、スポーツカー全体の展示数が減っている中、けっこう多かった、というのが感想になります。スポーツカーで多かったのは、現役のGT-Rと86/BRX、旧車ではS15のシルビアが目立ちました。

 

で、RX-7でもFCの方ですが、こちらは完全に絶滅危惧種になっています。

  

f:id:roid7:20190114185414j:plain

FC-3C(FC1台目)

 

車体の写真がなくてすみません。白のカブリオレでしたが、来場者の方の顔がたくさん写っていたのでエンジンルームだけにしました。

 

ちなみにエンジンが鏡面仕上げになっています。

 

f:id:roid7:20190114190134j:plain

鏡面仕上げされたエンジン

 

結構すぐに曇ってしまうため、維持しようとすると指紋がなくなる、と言われていたあれですね。最近良い道具があるのかはわかりませんが。。

 

 

f:id:roid7:20190114190617j:plain

FC-3S(FC2台目)



こちらがFC-3S最後の1台です。結局展示されていたのはわずかに2台。

 

このFC、最初は私も見落としそうになったのですが、かなり精緻に組み上げられていてとても良い仕上がりでした。

 

ちなみにこのFCを見た、来場されていた若い方の会話。

「これなんだっけ?」

「う~ん、、見たことないけど、古いフェラーリじゃない?」

 

〇子…それはフェラーリちゃう。フェラーリは左ハンドルや。。

 

RX-7の話はここまでになります。次回からは、他にもたくさん見てきましたので、気になった車を紹介していきたいと思います。